とても苦手なこと

  • 2009.02.11 Wednesday
  • 23:01
思ってることをカタチにするって、むつかしいです、ね。
いっつも思うけど、ほんとこればっかりは、上手になりません。
上手にできれば誰も苦労はしないよね・・・んんー。
でも、近しい人には、思ってること言わないよね、って言われるのできっと人よりもちょっとだけ言わないところが強いのかもしれないなあ。
すきなことをすき、そうじゃないこともそう言えるひとって、私にはすごい憧れです。
でも、そうじゃないことをハッキリ言ってばかりだと波風たってしまうのがまたむつかしい。
うー、人間力、すごくみがきたい。
これは、いろんな方面でちからをつけないとダメなんだろうなあ。
めざせ、すてきなひと!!

んでんで。
今週のジャンプ!!(急角度話題転換)
ひとコマだけど、メロがいたんだよおおおお!!!
コラボばんざい!
すごく雑に書いてあるような感じがしたけど(……)、でもうれしいんだ!
竜崎だったらもっとうれしかったんだけどなー。

あああ、しかし、絵を描いているのだけれど終わらず。
拍手だけでも更新したいでふ。いい加減古すぎるの、で。
今日は、母と喫茶店に行ってから、海外旅行について調べて時間が経ってしまった。
今年は行くよ、海外!!
海外って、今まで一度しか行ったことありません、しかもツアーで。
今回企画してるのは一人旅(しかもツアーじゃない)なのです。
すごく不安。
でも、すごくたのしみ。
日本では見られないものを、いっっぱい見たい!!
アルプスも見たいんだけど(もちろんヨーロッパの)、きっと無理だなあ。
富士山もいいんだけど、私はひとつ山より、連峰みたいな連なってる山がいいのです。
雪が積もらない土地に住んでいるので、真っ白の世界も見たい。
なので、冬の北欧とかも行ってみたいのです。

・・・・まずは、稼がないと、か・・・ふふふ・・・。

クラティのこと。

  • 2007.04.26 Thursday
  • 23:13
毎日毎日、何かしら発生して、アワワワ…な感じです。
仕事が。
毎日毎日、萌えが不足してて、どうしよー…な感じです。
趣味が。

クラティアンソロページが、更新されてます。
ぱるさん、ありがとうございます!!


ワタクシ、当初より多くページをいただきまして、マンガのよーな何なのか?というものを寄せさせていただきました。
他の方のサンプルと比べると、何だかすごいこっぱずかしい仕上がりなのですが><
もうほんと、素敵な方たちばっかりで、楽しみで楽しみで、でも自分のを考えたらちょっとヘコんでみたりとか(笑)するんですけど。
素敵な企画に参加できたこと、すごくすごく、感謝しています。
なんていうか本当にもう、ぱるさんと、参加されてる方に、感謝の気持ちしかないです。

これは、○年前に、サイトでクラティをやろう!と思った時から思うことなんですけれども。
当時は本当に、クラティなんてどこ吹く風といった感じで、異端も異端でした。
マイナーカップリングのサガと申しましょうか。
ですので、クラティを扱っていらっしゃるサイトを見ると、本当に嬉しくてありがたくて、勝手に同志扱いしてました。(迷惑!)

ティファリングとか、FF7サーチとか開設したいなあ…と思ったのは、その流れがあるわけで。
ティファリングは、ウェブリングジャパンの機能提供終了につき、四月末で終わりを迎えることになるのが…ちょっと、さみしいですが。
存続させなくとも、ティファ好きの方のネットワークは、もう構築されているなあ…と感じたので、この決断とさせていただきました。

そう、ネットワークはもう、構築されつつあるんです!
それが何より、本当にうれしい。
FF7ACで、正統派カップリング認定…みたいな(弱気になった)になった(と思う)ので、クラウド好き、ティファ好きな方、増えましたよね!

増えましたけれども、やっぱりクラティ好きな方は、同志☆と思ってしまうワタクシがおります。ヽ(´▽`)/

やっとこさ週末ですヨ☆

  • 2007.03.23 Friday
  • 23:58
今週は、色々と考えることの多い、週でした。
主に、仕事のことになるのかな。

一人で完結する仕事って、意外と少ないと思うのですが。
二人以上でやっていく上で、どうしても、誰かを責めるという場面に遭うことがあると思うのです。
何でやってないの?!これ、言ったのに!とか。
ここ、間違ってるよ。前も言ったのに!とか。
全部を口に出すわけではないけれども、多少とも。

責める言葉を、口に出さずに、全部受け止めて私がやるさ!!…くらいに、なりたいなあ…って、思う、ここ最近。
そういう、デキル女になりたいよね。

そうなるためには、今のままでは、明らかにキャパ不足。
ううーん、色んなスキルを得なくてはならないのです。
頑張らなくては、ならないのです。

ひとまずは、ちょっと、足もとを見よう。
資格取るとか、そういう風に、形に見えるように、前に進みたいな。


↓絵とかについての呟き
続きを読む >>

いなくなったひとに、「会いたい」って言っていいんだなあ…

  • 2007.03.09 Friday
  • 23:06
死んだら。
生まれ変わって、新しい幸せを手に入れること。
それが、そのひとのためで、そうならなくちゃいけないって。
そんな風に思ってた。

でも、そうじゃないんだなあ。
会いたいって、思っていいんだなあ。

そんなことに気づいた、最近。

きらきら

きらきら。
思い出はきらきら。
会いたいなあ。会いたいなあ。

横で見つめてた顔を、その時間を、覚えてるのは、一緒にいた私だけなんだなあ。
皆が知ってたらいいのに。
きらがいたって、誰もが知ってて、認められたらいいのに。

今は幸せかなあ。
今も幸せかなあ。
あの時、幸せだったかなあ。

二年かあ…短いよね。とても短かったね。
虹の橋で待ってて。
早く会いたいなあ。

ビカー☆
キュピーン☆なきら

虹の橋というもの

  • 2007.01.27 Saturday
  • 11:43
お気に入りの猫ブログサイトさんが、いくつかあるのですが。
その一つの、あるひとりの猫さんが、虹の橋を渡られたそうです。

この、「虹の橋」というもの。
猫を飼うようになって、色んなサイトさんを覗くにあたって、良く目にするようになった単語。
最初はなんなんだろう??って、思ってました。
だって、死んだら天国しか、行くところはないって、思っていたから。

虹の橋の向こうって、どういうこと?
安心した場所にいるのかな。天国じゃないのに?

でも、そんなことはなかった。
とてもすてきな、お話があるのです。

作者不詳のそのお話は、インディアンのお話が元になっているらしい。
心があったまり、穏やかになる、すてきなお話です。
たくさんサイトもありますので、興味をもたれた方、また、ペットを飼ったことのある方、見てみてくださいね。
こちらから


私も、愛猫を数年前に亡くしているのですが。
このお話を読んで、今はもう、楽にしてるんだな、新しいしあわせを見つけてるのかな、って思う。
猫は、罪のない生き物だから、すぐに生まれ変われるんだって。
彼はいま、どこにいるんだろう。
もう生まれ変わって、新しい幸せを手に入れてるのかな。
もしくは、虹の橋でずーっと、待ってくれているかな。

虹の橋。
すてきなお話を一つ、また、見つけられました。



ぐっすりねこ
写真は、悩みなど何もないかのように、爆睡中のねこ。

生きる、ことって。

  • 2006.09.19 Tuesday
  • 23:19
友人が亡くなったと。
連絡がありました。

ああ、確かに一度しか会ったことはなかったけれど。
貴方は私の、大切に想う人の一人だった。
いつだって苦しんで、でも、同じ空で笑っているのだと思ってた。
きっとまた、会えるんだと思ってた。

忘れてた。
忘れてたよ、この病気が、こんなに残酷なんだってこと。


※ ※

暗いと思うので、先に進むのは細心の注意を…。
一番汚い部分を書いてしまうと思う。
書かなくてはいられないわたしは、やっぱりどうしようもないんだと思う。
でも、ここで伝えておかなくては、きっと、いつまで経っても伝わらないと思うから。
だから、あえて書き殴る。
そう、書き殴る。こころのままに。
慟哭をすることもまた、悼むことだと思うから。
続きを読む >>

愛がその胸に足りないなら

  • 2006.09.18 Monday
  • 23:23
とろけるように眠って、そのまま目覚めないならいい。

それはやっぱり、目覚めることのできる人が思うことなんだなあ。
そんなことを思った。

目覚めないことが分かっているのならば、きっと眠ることはできない。

ありがとうを、きれいに言えるひとに

  • 2006.03.21 Tuesday
  • 21:45
…なりたいなあ、と思うのです。

最近、職場で話しているのを盗み聞きしていたのですが(コラ)
「すぐスミマセンって言うよね」
「スミマセンっていう言葉は、会話をシャットダウンする言葉」
「スミマセンより、ありがとう、って言ったらどうかな」


なるほどなあ…と思いました。

確かに、「すみません」って、当たり障りの無い言葉ではあるけれど。
そこで、会話が終了してしまいますよね。
「すみません!」って言われてしまったら、「まあ…それじゃ」みたいな対応になってしまうもの。
間違っても、話がはずむってことはないですよね。

そこで振り返ってみると、わたしって「ありがとう」をちゃんと使えているかな…って。
助かった!感謝してる!って感じたとしても、ちゃんと「ありがとう」って伝えているのかな、って。

マイナスな気持ちは知らず知らず、ためいきとかで出ちゃっていたりするけれど、こういうプラスな気持ちって、自分から積極的に発していかないと、誰にも気付かれないままだよね。
それって、すごくもったいないことだと思う。

プラスの気持ちは、もっともっと、形にしていかなきゃならないんだなって。
最近、そう思います。

物であらわすとか、そういうことじゃなくて。
簡単に、シンプルに、ことばで。
思うことを伝えなくちゃ、もったいないなあって。
そう、思います。

黙っていても伝わらなくて、伝えなくてもそのまま過ぎていくには何も問題なんてなくて。
でも、伝えたらお互いが気持ちよくなれるのだもの。
発していかないと、損だよね!

というわけで、最近、わたしは「ありがとう」を、きちんと使えるひとになれるよう、意識していたりするわけです。
でも、言葉の安売りみたいになってもダメだなあ…と思うので、使いどころは難しいのかも…と思いますけれど。
良い方向に傾くといいな!
続きを読む >>

結局のところ

  • 2006.01.10 Tuesday
  • 23:51
仕事って、なんなのよ??
と、ずっと考えてました。

定期的に、面談があるのでございますが。

目標って、何なんだろう。
事務に偏った仕事で、目標を立てよと言われても、難しいのだよ。

というか、私は今、この仕事で良いのか?
という疑問が後をたたず、非常に悩めるところです。

転職という言葉もちらついてはいるのですが、拾っていただいた場所だし、まだまだ頑張って行きたいとは思うのですが。
私の頑張りたいという方向と、違う方面でのステップを望まれているようだと思うのだ。
やりたいことより、言われた事をやれ?
それが社会人のサガなのだろうか。

私は、仕事をするということは、人生を生きるのと同じくらいに比重が重いものだと思っている。
人生のほとんどの時間を捧げるのであるから、あながち間違ってもいないと思う。

けれど、病院の先生は、比重が仕事によりすぎている、という。
もっと違う方面に比重を傾けろと。

そうすれば、なんだろう。
仕事以外のことを、メインみたいに持ち出せと言うのだろうか。


それもまた、違わないか…と思うのですが…。


仕事がまずあって、その後に余暇とかそういう楽しみが発生してくるのであって。
もっと、家に帰ってからの時間を充実させよ、ってことかなあ。

でも、わたし、食事に情熱を燃やせる人ではないので。
家に帰っても、大したことしてないや…。
この辺りから改訂すべきなのかな??


というか。
仕事の行く先に悩んでいて。
転職のしどきって、いつなんだろう。
最近ね…ちょっとね…上司と合わないかもしれないということに気付いた。
二年も一緒に仕事しておきながら(おっそ!)


何とか、頑張るしかないのかなあ。
私だって、前に立って色々やりたいのよ。
バックサポートばかりだと、ちょっとつまらなくなるのよ。


でも。
バックサポートのスペシャリストになっても、良いのではないの?という考えもあったりで。


うーん、うまく折り合いをつけてゆくしかないのだろうか。

母の誕生日で思ったこと

  • 2005.07.04 Monday
  • 22:06
本日は、私の母上の誕生日でございます。
諸事情により(ええ、大人の悲しくも切ない理由で、さ)何もできないので、せめてとグリーティングメールを送りました。
したらば、こんな返信が来た。
自分の誕生日なんだけどこの頃は母が産んでくれて、母にとっては大変な日だったんだ!母に感謝する日にしなくてはと想うようになったのよ。

と。
なんかすっげぇ、目からウロコが落ちる思いがした。
そうだよなあ…産むもの、生まれるもの、双方がものすごい体験をした日、なんだよなあ…。
生まれたものにばかり焦点の行きがちな誕生日なのだけれども、ほんとうにすごいのは、お母さんなのかもしれない、な〜。なんて。

そして、当たり前なんだけど、母にも母がいるんだなーって、思った。
母の母、私にとっては祖母。
もう亡くなってしまってるけれど、母にとっての「ははおや」はその人しかいないわけで、生まれたときからそうであって。
母が死ぬまで、いや、死んだ後ですら、母の母は、そのひとだけなのだ。
たったそれだけの単純なことなのだけれど…うまくいえないけれど、すごいなあ、と思った。
人間が生きるってことは、ものすごくエネルギーの要ることなのかと思ったけれど、実はそうでもないのかもしれない。
もっと別のことにエネルギーを注がないといけないのかもしれない。
「上手に」生きれるように、なんて。
考えるだけ無駄だってことだ。
放っておいても、「生きる」ことはできていて、それに上手いも下手も無いんだ、ってこと。
それに価値を求めるのは、人間のおろかなところなのかな。
それとも、聡いことなんだろうか。
間違いなく私は、おろかながらも、意味を求めているのだと思う。

だいたい、人が生きた意味って、どうやって証明するのよ?
そんなの、終わってからじゃなきゃ、評価しようがないじゃない。
「今」の評価したって、「今」なんて一秒先には変わってるものだ。
終わった事の批評なんて、ぐだぐだ言ったって、なんになる。
なんにも変わりはしないのだ。

あ…ヤバイ。何、言ってるのか分からなくなってきた(笑)
まあ、そういうことです。
考えても考えなくても、変わらないものはあって、それに気付かないフリして、難しく難しく考えてゆくのが、人間の困ったところであって。
試行錯誤。
思いっきり格好悪く生きていこう。


ぐだぐだ言ってますが、お母さん、誕生日おめでとう。
生まれてきてありがとう。そして、私を産んでくれてありがとう。
そういうことなのです。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

ブクログ

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

クロノ・クロス
クロノ・クロス (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック, 光田康典
もうほんとに大好きです

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM