横浜観光〜元町、山手、中華街〜

  • 2006.02.25 Saturday
  • 23:41
はいよー!(久々に復活)
書いているのは日曜ですが、土曜日のこと。
横浜観光に行ってきましたパー
前日は雨だったのに、当日は見事に晴れおてんき
おっかしいな〜?わたし、雨女あめなのにな〜??
連れてってくれた先輩が、晴れ属性だったのかな?
ま。なんにせよ、よいことだ!!

横浜駅から、シーバス?というのに乗りました。
ガラス張りの室内の席と、吹きっさらしの外の席があったので、外に座りたいな〜って思っていたんだけど。
喫煙所と化していたので…_| ̄|○
中に入りました。

お天気良かったのだけど、ちょっと霞んでたかな?
湾岸地域 飛鳥2

右の豪華客船は、日本で最大という、飛鳥2らしいです。
豪華客船というと、タイタニックしか浮かばない貧困な頭…。
とても好きな映画でもあるので、盛り上がれましたがイヒヒ

降りたのは、山下公園。
そう、あの氷川丸のあるところですね。
ここって、わたし、確か麗しき高校時代(笑)に、修学旅行で訪れた気がするのですが…あまり覚えてません(;´д`)
まったりと一周しました。
本当に天気が良くて、気持ちよかったです。
わんこの散歩コースになっているらしく、様々なわんこを目にしました。
みんな、ちょっと高そうだったけど…犬

それから、あかいくつというバスに乗りました。
このバス、素晴らしいことに、100円なのです!
見た目もとてもかわいらしい。
300円で、一日乗り放題なのですって。
横浜散策を予定されてる方、ぜひ利用されてみては〜?
↑まわしもの?
割と、市民の足にもなってるっぽかったです。
ていうか、むしろ、観光客が少ないっていうか。
バス停はちょっと分かりにくいかな〜?
赤い色がついているので、それを目印にしたらいいのかな。

さて、たどり着いたのは、元町!
ここで、ひとまず遅いお昼ご飯を食べました。

お昼ごはん
和食のお店だったのですが、梅のコースで1600円。
うーん…お値段の割には、いまいちたらーっ
スタッフさんの対応も、なかなか…ううーん…難しいなあ。
最近できたばかりのお店らしいのですが。
私も、接客業と言える仕事をしているので、こういうところは厳しく見ちゃってるのかもしれませんがっ(^^;

ご飯を食べた後、元町をふらふら〜っとしました。
チャーミングセールというセールをやっていたのです。
…なんで、チャーミング??
というのは、聴いたらいけないのかもしれませんピピピ
色々惹かれるものはあったのですが、決定打に欠けておりましたので。
とりあえず、和柄のポーチと、手鏡+巾着を買いました。
最近、和柄に弱い(*´д`*)

そして、のんびりと山手方面へ。
山手というと、外国人墓地と西洋館。
洋風の街並みです。

マップを撮ってみました。
山手西洋館
今回、主に行ったところですね。

この道で合ってるのかな〜?といいつつ、急勾配の道を歩く。
道の脇に、洋風の墓地が続いております。
たぶん、合ってるはず!とさくさく歩く。

地図を見ると、けっこう広くて離れてるのかな〜?と、ビクビクしながら行ったのですが。
西洋館の在る地域は、意外と狭いということが判明。
ちょっと歩くと、すぐに目的地にたどり着きます。
構えていたのだけれど、そんなに怯える必要はなかったみたいニコニコ

外国人墓地
端っこを、ちょこっと見てきました〜。
外国人墓地というと、なんだかこう、ひろーい芝生に、ぽつぽつ並ぶ墓石…というイメージがあったのですが、まったくそんなことはなく
急勾配の山に作られた、集合墓地みたいな印象でした。
足場の悪い中、なんとか撮ってみたのが上の写真です。
ん〜…ちょっと、ケルトの十字架っぽいな〜?
キリスト教は詳しくないので(いや、仏教すら明るくはないが…)、よく分からないのですが。
すごく個性的なお墓がたくさんありました。

中でも気になったのが、イギリスの方の集合墓碑?みたいのがあって。
Killed....(なんたら〜←笑)とか書いてあったのです。
殺人っ?!(゚Д゚;
英語が…英語が分かれば…。
最近、語学にぶつかる場面が多く、同じく悔しく思った一場面でした。
いや、分かったからって何がどうとか、そういうわけじゃないけれど。

電話
ほてほて歩いていたら、公衆電話発見!
観光地の公衆電話って、変わっていて面白いよねっイケテル
山の上なのに、灯台を思わせる造りが、ちょっとミスマッチで面白いです。

ちなみに、地元の愛媛は松山のJRの駅には、みかんの形をした公衆電話があります…_| ̄|○


西洋館にたどり着いたのは、16時代と、ちょっと遅い時間でした。
だいたい、閉館が17時なので、あわあわしながら巡って来ました。

一番最初に行ったのは、山手234番館。
普通に通りに面して、ちょこん、とあったので、スルーするところでした。
入り口に人が固まっていたので、おや?という感じで発見することができました〜。

すごく広いお家でしたよ。すてきだった!
洋館の何がすきって、壁とドアのつながりのところです(細かい)
ドアの取っ手とか、すごい心惹かれます(*´д`*)
この、山手234番館は、ダイニングがすてきでした。

次に行ったのが、エリスマン邸。
ええと…うん、行ったはずなのですが。
なぜか一枚も写真が残っていない…(;´д`)
あ、あれれ?おかしいな。
た、確か、サンルームがすてきなお家でした。
た、たぶんっ。
あのね、弁明すると、次に行ったベーリック・ホールがあまりにもすてきだったから!

ベーリックホール
閉館間際に、あわてて駆け込みました(迷惑な客)
他の二つは、道路からすぐ入り口だったのですが、ベーリック・ホールは、まずは門があって、ゆっくりした道が芝生の庭を横にして、本館の入り口まで続いている…。
外観からして、すてきでしょ?!ラブラブ

入り口のドアも、すごくすてきだったの。
大きくて、造りも凝っていて。
天井もすごく広くて、もう、うっとり…(ノд`*)
ここにもサンルームがあったのだけれど、私がイメージとして思い描いているサンルームそのままだったのに、驚愕しました。
す、すてきすぎる…!!!
そしてそして、なんだかむちゃくちゃ広いのです。

ホール内
リビング…っていうか、ホールだよね?!
盛大なパーティが開けそう…真ん中に暖炉が一つあるんだけれど、きっと、これだけじゃあお部屋、あったまらなかっただろうな…。

ここは、案内スタッフさんがすごくいい方で、閉館時間過ぎてもうろうろするわたしたち相手に、住まわれていたベリック氏のことについて語ってくださいました。
日本人の奥様とご結婚されたそうなのですが、奥様が大変に英語に堪能な方で、加えて娘さんもバイリンガルだったために、一度も日本語を喋らずに過ごしたそうな。
それはそれですごいのだけれど、日本人としては、ちょっとガッカリかな、とも思ったりして。
ほら、いつまでもジーコが日本語を喋らないといったような…(笑)

しかし、このベーリック・ホール。
部屋数がむちゃくちゃ多い!!
しかも、お手洗いが異常に多い。
二階建ての洋館なのですが、一階にももちろんあり、二階においては、ご子息の部屋、夫婦の部屋に一つずつ。
しかも、バス付き
これまた、文化の違いを感じました。
日本人って、お風呂を共有する感覚があるけれど、西洋の方って、あくまでも個別ってイメージなのかしら。
部屋一つにつき、バストイレって感覚、よう分からんわ〜(;´д`)
家族関係が希薄にならないのだろうか。

びっくりしたのが、ダイニングとキッチンの間に、配膳室なるものがあったこと。
ひ、ひえー!配膳のためだけのスペースがある!!
お金持ちの考えることって、ほんと、無駄…いえ、ごにょごにょ、手間をかけているのだなあ。
きっと、メイドさんとかお手伝いさんとか、いたんだろうな〜。
とか思いつつ、巡っておりましたが。

しかし。
ほんとうにすてきな洋館なのですラブラブ
こんなところに住みたいな〜、とか、もう、思うのは勝手だからいいじゃないか!!(笑)
こんな家に、旦那さまと、そして猫…夢 で す な !(無理!)

そうそう、猫といえば。
「ヨコハマ猫の美術館」というところがあったのですが、大変に小ぢんまりした印象なのに、入場料が300円という微妙な値段だったために、外観だけ見て帰って来ました汗
猫の雑貨とか、絵って、何だか微妙なものが多いんだもん…。
でも、入り口のところに本物の猫さんが寝ていて!
わはー!!(*´ェ`*)とばかりに、なでなでしてきましたっ。
猫の美術館より、本物の猫さんの方が、いい!!

山手って、野良猫さんがすごくたくさんいました。
会う度に、触らせてくれるのが、嬉しかった(ノд`*)
きっと、地域の人にも大切にされてるんだろうな。
警戒心があまりなくて、何だか住む土地の人柄まで見えてくるようでした。
猫の穏やかさって、その土地に住む人の穏やかさに似るような気がする。
わたしの住む近くは、残念ながら、猫さんは警戒心が大変つよいです(´・ω・`)
いかんなあ…と思いつつ、でもなんともできないのが悔しいですけれど。


さて!
山手を満喫した後は、中華街に行ってきましたー!!

中華街
春節の残り香が残っていましたけれど、そんなに大々的には無かったかな。
中華街ってわたし、人生二度目です!!
一度目は、前述したとおり、修学旅行でしたが、なにやらお店が定休日のところが多く、適当な飲食店に入って食事をした覚えしかありません。
今回も、あまり長い時間いられなかったので、さわりだけでしたけれど。

パンダのものを取り扱ったお店の横の、自販機が…。
あれ?

………。

……あれ?
この真ん中のって…い、いいのかな。
さすが、著作権などぶっちぎりの中華。

翡翠という、お茶のお店に行って来ました。
接客してくれたお姉さんがすごくいい人で、のりでお茶を買ってきました。
白鶏冠という烏龍茶と、茉莉花春風というジャスミン茶。
烏龍茶って、冷え性にも効くらしいですね!
そのつながりで、白鶏冠をオススメされたので、買ってみました。
後は、前から欲しかったジャスミン茶を。
ジャスミン茶を煎れる時には、お湯の温度を低めにしないといけないのですって。
80度くらいと言われたのだけど、それってどのくらいの熱さなのだろう…(爆)
どうやら、すぐ渋みが出るみたいで。
お茶を出して、飲みきれなかったら捨ててください、って言われた。
なんて贅沢な飲み方だ!!

中華街に着いた頃には、もう6時を回っていたので、ライトアップがとてもきれいでした。
そして、やたらとチャイハネという店にたどり着く。
中華街にあるというものの、取り扱っているものは、バリとかインドとか、アジア全般もの。
そして、何が心をひいたって、民族系の服飾もの(*´ェ`*)
わたし、だいすきなの、そういうの!!
大ヒットするものが無かったので、特に買ったものはないのですが、どうやらイクスピアリにもお店があるらしい。
今度行ってみよう(`・ω・´)

というわけで、ヨコハマ観光は終わりを迎えました。
割とヘロヘロになりました…ずっと歩きっぱなしだったものな〜。
ちょくちょくお茶をしにお店に入れるようなスケジューリングにすればよかったのですが、そうもいかないようだったので、これは反省点かな。
足がどんわーりと疲れました。よく歩いたっ。

しかし、横浜…というか、山手、元町って、のんび〜りした、すてきな街でした。
わんことか、にゃんことか多いしっ(*´▽`*)
元町は特に、ペットと一緒に歩ける町を目指しているらしいですよ!
いたるところに、ドッグショップがありましたし、実際に犬を連れている方が大変多くて。
飼い主さん通しの交流とかもあったりして。
物件情報とかもあったので、ちらりと冷やかしてきたのですが、「ペット可」の文字がとても多かったのが印象的。
街が許してくれてるって、ペットを飼う人にとっては、すごくありがたい場所ですねラッキー

中華街は、あまり回れなくて残念。
というか…天津甘栗を買わされました…_| ̄|○
キャッチのお兄さんに捕まった…ああ、なんてこと。
まあ、食べるからいいのだけれど、一袋千円って、高くない??

しかし、天津甘栗が中国のものだと、初めて認識しました。
わたしが今まで目にして来た場所は、夏祭りの夜店だったり、冬のお祭りの出店だったり、そういう場所だけだったので。
日本のものだと思い込んでいたようです(-ω-;)
あっちこっちで栗を売っていたのが印象的でした。
あ、肉まんは買って食べました…けど、うーん、大雑把な味だった。
他にも色々食べ歩きしたかったのですが、ちょっと今回は出来ずじまいで、残念っ。

意外に、見る場所多いな、横浜!
と、見直した横浜観光だったのでした…。
コメント
お久しぶりです〜v
私も金曜日に元町に行っていたので、ニアミスだ〜と思ってカキコです(笑)
土曜日も横浜・桜木町あたりにいたので、ばったりなんてことがあったら面白かったのだけど(笑)
山手のほうには結構いい感じの建物があるんですね。
今度行ってみます♪
  • アヤ
  • 2006/02/26 10:11 PM
山下公園から出ているマリーンルージュもお奨めです。
ゆったりと横浜湾をクルージングできますよ。
ちなみにサザンのLOVE AFFAIR〜秘密のデート〜では
♪マーリンルージュで愛されて、大黒埠頭で〜♪
と歌われてるため、自分の中ではいつまでも
「マーリンルージュ」です。
あと港の見える丘公園に続く坂道の途中に
Hill Side Gardenというイタリアレストランがあります。
食べたことはありませんが、休日の午後などに通りかかると
よく結婚式をしています。見ているだけで幸せな気分になれます。
  • やすごん
  • 2006/02/26 11:30 PM
わーい!コメントありがとうっ(*´▽`*)

アヤちゃん>
いやーん、ニアミスだったのですね。
桜木町には行けなかったのだけれど、面白いところなのかなあ。
山手は、まったり散歩したいときには最適だと思うっ。
できれば、陽がある時に行った方がキレイかなあ。
夕方も良いと思うのだけれど(*´艸`)

やすごん>
マリーンルージュ、見ました!ちょうどとまってたのです。
一緒に行った先輩が、サザン好きだったので、折に触れて教えてくれました…が、もう忘れました(おい!)
Hill Side Gardenですね。なんだかすてきな場所っぽい…(*´ェ`*)
行ってみたいです。
  • ゆうま
  • 2006/03/04 1:31 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
近年、人間用の墓石内にペットの骨を入れても良い霊園や墓地が出現しています。この話に関心のある方は、霊園や墓地の管理事務所に問い合わせるか、霊園や墓地の利用規則を読んでください。私の場合は、10年生きた柴犬を骨にするのもかわいそうな気がするし、庭に埋める
  • 墓石@最新情報【墓石情報満載】
  • 2007/01/06 12:21 PM

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

ブクログ

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

クロノ・クロス
クロノ・クロス (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック, 光田康典
もうほんとに大好きです

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM